エンジニアリングレポート・遵法性調査・耐震診断、増築・改修の建築確認は、J建築検査センター(JAIC)へ

お見積りシミュレーション

確認申請、中間・完了検査、建物診断業務の一部は、概算の見積りをシミュレーションできます。

シミュレーションしたい内容のボタンをクリックしてお試しください。

ご注意ください

  • 当コンテンツでの表示料金は参考料金です。当コンテンツの画面、印刷物等は各業務の手数料としての効力はありません。
  • 中間検査、完了検査、建築基準法遵法性診断、ガイドライン調査(国住指第1137号)には、実際に検査する場所によって異なる出張交通費と宿泊がある場合は宿泊費(実費)が別途発生いたします。
  • 特例建築物の戸建て住宅において確認申請日当日に質疑をご希望の場合は、追加手数料が別途発生いたします。
  • 建築物省エネ法に係る適合義務のある建築物の完了検査には、条件によって異なる追加手数料が別途発生いたします。
  • 本コンテンツでは中間検査が1回のみでのお見積もり算出ですが、中間検査が2回以上必要な場合は、その都度検査料金等が追加されます。
  • 完了検査時に追加説明書の審査を要する場合には、追加手数料が別途発生いたします。
  • 検査対象面積が2,000㎡を超え、検査員と補助員が複数名となる場合は、人数分の割増料金が別途発生いたします。
  • 他機関で確認を受けた物件の検査料については、当該検査料に中間検査の場合は1.2、完了検査の場合には1.5を乗じた金額とします。
  • 延床面積が2,000㎡を超える建築物の建築基準法遵法性診断、ガイドライン調査(国住指第1137号)、構造調査(構造図・構造計算)の手数料のお見積もりについては、「見積り依頼」ボタンからご依頼ください。
  • 建築基準法遵法性診断には構造調査は含まれておりません。
  • ガイドライン調査(国住指第1137号)には、躯体調査(コンクリート強度、鉄筋はつり調査等)は含まれておりません。躯体調査が必要な場合は「見積り依頼」ボタンからご依頼ください。
  • ガイドライン調査(国住指第1137号)には、確認申請図書、確認済証(確認通知書)が必要です。確認申請図書がない場合の手数料についてはご相談ください。
  • ガイドライン調査(国住指第1137号)と構造調査において、限界耐力計算法による構造計算を使用している場合は追加手数料が別途発生いたします。
  • 建築基準法遵法性診断、ガイドライン調査(国住指第1137号)、構造調査には、消費税相当額が別途発生いたします。
  • 掲載内容は予告なく変更する場合があります。正式なお見積もりについては、「見積り依頼」ボタンからご依頼ください。ご依頼後に弊社担当者よりご連絡を差し上げる場合がございますので、あらかじめご了承ください。